【鑑賞記録】13 Reasons Why(13の理由)

https://s3.amazonaws.com/tgc-blogs/wp-content/uploads/sites/13/2017/04/12154313/13-reasons-why-netflix-01-1200x800.jpg

 

アメリカやカナダで話題になり、青少年に悪影響を与える恐れがあるとして視聴規制もされているこのドラマ。

とりあえずどんなものか見てみたくて、NETFLIXの無料体験に申し込む。

 

予想以上に暗かった。

アメリカンピーポーたちがこぞってこれを見ていると思うと、ちょっと変な気分になるくらい。(アメリカ人=明るいという私の思い込みもあるのかもしれない)

多感な中高生たちがこのドラマを見たら、たしかに精神衛生上よくないような気がする。

「自殺を美化している」とは思わないけど、きっとあるタイプの子たちは、ハンナに共感しすぎてしまって辛いだろう。

 

人が自ら死を選択するとき、私たちはその死に理由を求める。

なぜあの人は死んだのだろう。彼女の身には何が起こったのだろう、と。

だけどその理由が一言で説明できるようなものなら、何かを変えれば物事が改善できるようなそんなシンプルな問題なら、きっと人は死を選択しない。

一つの選択が導かれるまでには、数々の出来事が複雑に絡み合い、互いに影響し合っている。

 

 

真実は人間の数だけあるから、本当のことなんてきっと誰にもわからないのだ。

だけど私たちは一つの真実を求める。

 

 

真実と同様に、このドラマでのもう一つのテーマは「誰が悪か?」ということだ。

自殺した人=善、死においやった人=悪という二項対立では描かれない。

 

きっと作中のハンナの行動にイライラした人も少なくないはず。

たしかにハンナは13人一人ひとりの行いによって死に追い詰められたが、ハンナ自身の立ち振る舞いにも問題がなかった訳ではない。

ブライスはハンナに決定打を下したクズ野郎だけど、ジャスティンの面倒見が良いところなど、悪人ではない場面も描かれる。

 

ティーンエージャーの自殺というセンシティブなテーマにおいて、「真実」と「善悪」という私たちの主観の根本ともなるような部分にゆらぎをかけているところに、このドラマの魅力がある。